献立

食費を節約するためには、献立を考える際に工夫する必要があります。


どのように献立を工夫するのかというと、まずは、買い物しながらその日の献立を考える人がいますが、それは節約には向かないかもしれません。


毎日買い物に行って献立をその場で考えてしまうと、無駄なものを買ってしまう恐れがあります。


ですから、献立はあらかじめ家で考えてから買い物に行きます。


毎日行くと、毎日余計なものを買ってしまう恐れもありますから、できるだけまとめ買いするのがポイントです。


まとめ買いするためには、献立を考える際に先の分までまとめて考えておく必要があります。


今まで毎日考えていた人が、いきなり1週間分もまとめて献立を考えられないと思います。


ですので、その場合には、まずは3日分から、そして出来るようになってきたら5日分、1週間分といったように、まとめて献立を考える習慣をつけていきましょう。


そして献立の考え方ですが、使い回しをしながら作れる献立を考えましょう。


たとえばカレーをする日があったとします。


カレーの翌日はカレーが残ることを想定した献立にして、カレーうどんにしたり、カレードリアにします。


そしてカレーの材料に使った人参やジャガイモ、玉ねぎがあれば、肉じゃがにしてもいいでしょう。


このように、同じ材料でも無駄のないように、使い回しながら作っていくといいでしょう。


ポテトサラダがあまったら、ポテトサラダにチーズをのせてポテトグラタンにしてもいいと思いますし、コロッケにしてもいいと思います。

posted by 節約本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30286058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック