家計簿

節約を始めたいと思っている人は、家計簿をつけ始めることから始めるといいでしょう。


家計簿というのは企業の帳簿と同じで、家庭の収支を書いておくための物です。


収入と支出をはっきりさせておくことで、無駄遣いを減らしたり、お金がどこに使われたのかを把握することができます。


最近はノートに書いたり、専用の家計簿につけるのではなくて、パソコンのエクセルなどの表計算ソフトを使ってみたり、家計簿ソフトを使って家計簿をつけている人もいます。


自分のつけやすいものを選び、家計簿をつけるといいですね。


節約のためになぜ家計簿をつける必要があるのか、家計簿をただ付けているだけでは決して節約にはなりません。


つけた家計簿を見て、そこから学んだり、改善させなければ意味がありません。


家計簿をつけていると自分の家計の悪い点が見えてくると思います。


今月はどれを無駄遣いしてしまって、これがいけなかったというように、ダメな面も出てくると思いますから、それを見て、次回に役立てて、無駄のないように、管理して行くのです。


節約のために家計簿をつけるのであれば、家計の把握をする目的でつけて、無駄を発見する、そして無駄が分かってきたら、省くようにして、少しでも浮かせられるお金を発生させるというのが、家計簿をつける意味になります。


整理された家計簿を見て、どれが悪かったのか、見直すことで、節約につながりますから、慣れてくるまでは、とにかくつける習慣をつけて、見直すことがポイントです。

posted by 節約本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約