電気代

電気代の節約方法として、今すぐにでも実行できるものとしては、待機電力を抑えることができます。


待機電力というのは、その電化製品の電源を入れていなくても、コンセントを刺しているだけで実はお金がかかっています。


これが待機電力です。


コンセントを抜けばいいのですが、一つ一つコンセントを抜いてまわって、使うときに差すというのは面倒な人も多いと思います。


そこで便利なのが、節電コンセントが販売されています。


大体6つ位コンセントを差すところが付いていて、このコンセントで個々にスイッチをつけたり消したりすれば簡単に待機電力を抑えることができて、電気代の節約になります。


そして炊飯器ですが、お米を炊いた後に、そのまま保温していると電気代が使われてしまうので、極力保温を使わないようにするというのも一つの方法です。


保温をせずに、1回で食べ切れる分量だけを炊くことや、あまったら冷凍保存しておいて保温しないことで電気代の節約になります。


湯沸かしポットを使っているという人も、電気ポットは常に熱いお湯を保持することができますが24時間電気を使っていることになります。


最近はティファールなどから販売されている、使いたいときに1分もあればお湯が沸いてしまうものも販売されているので、そちらに切り替えることで、電気代の節約になります。


また省エネ家電を使うことも電気代の節約です。


いろいろな省エネ家電が販売されているので、購入の際に気をつけてみると大幅に電気代の節約が可能です。

posted by 節約本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約