不況

今の日本は、100年に一回起きるか起きないかと言われているくらいの不況の時期に突入しているのですが、不況になると私たちの周りでは節約という言葉が上がってくると思います。


景気が良かった当時は、右肩上がりで世の中何の不安もなく過ごせてこれましたが、不景気、景気が悪いこの不況では節約を強いられることになります。


不況でしわ寄せが来るのは家計ですが、家計を何とか乗り切るためには、収入を増やすことや、お金を上手く運用すること、そして節約で支出を減らすことが必要になってきます。


支出を少なくさせるための節約ですが、一番効果があるのは、家計の中で一番お金を支払っているものから減らしていくのがいいと言われているのですが、住宅ローンなどは、自分の都合で減らすことができませんから難しいです。


となると、不況で節約するとなれば、食費や電気代、ガス代などの生活費ということになるわけですが、それよりも、実際は車を持つことの見直しや、教育費、生命保険などを考え直すといいとされています。


不況を乗り切って何とか節約して行くためには、家計を守る主婦が、お金の流れについてよく考えて、一人で何とかするのではなくて、家族全体が協力して家計を引き締めていかなくては無理だと思います。


不況は必ず去りますので、何とかこの時期を乗り越えるために、頑張って節約生活をしなければ乗り越えることができません。


楽しくストレスを感じないようにしながら、節約できればなおいいですね。

posted by 節約本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約